チンペイペイペイ☆

iOSアプリ、大阪のカレー、子育て、iPhoneL♡VE部なブログ

帝王切開後の経腟分娩(VBAC)はヤメるべきだと僕が思う理由


今日3歳になる息子\(^o^)/

 

どうも、@tinpayです。

 

本日、1月4日はウチの長男、3人めのチビの誕生日です\(^o^)/

 

ウィザードライバーも購入して、ケーキも予約して、マグロも買いに行く予定で、準備万端!!嫁の実家で、嫁姉家族とかとともにパーティーを開く予定です☆

 

 

 妊娠してから長男が生まれるまで

ウチには、5歳の双子ちゃんの女の子と、3歳の長男がいます。

双子たちが生まれたときは帝王切開でした。その2年後の出産だったんですが、帝王切開したあとの出産は帝王切開っていうのが一般的なんです。

嫁から病院側へは、とにかく安全に出産出来る方法でお願いします、と。

病院側からは、子宮壁がそれほど薄くないので大丈夫でしょう!経膣分娩でいきましょう!という判断。

 

病院を信用して、3人目は経膣分娩で出産することになりました。(帝王切開→経膣分娩のことをVBACというらしいです。)

 

そんな感じで生まれた長男のチビ。今はとても元気に飛び跳ねて、すごい悪ガキですが、本当は死んでた可能性もあったんです。

もしかしたら、嫁も。

 

だからこそブログに残して、これから子供を生む方々の参考にしていただければと思います。

以下、その時に書いた記録です。

 

2010年1月4日に長男が誕生しました。

 

出産までの出来事を書いときます。
2日の23時ごろから嫁の陣痛が若干始まった感じ。
だいたい7分置きぐらい。とりあえずその日は嫁の実家やったのでそのまま就寝。翌日家に帰る。
嫁はずっと横になってるけど、なかなか陣痛の間隔が縮まらない。どうなんやろなー。痛みは強くなってるのにっていいながら、夜の12時。とりあえず寝ることに。
寝た瞬間、嫁が腹が痛いと。すぐに病院へ。
お腹の音聞くやつをつけてもらったが、まだ間隔が縮まっていないのでとりあえず病院で待つことに。
歩いて2分の病院なので、俺ひとりで家帰って寝ることに。それが夜の3時前。
寝てると、朝5時半頃に電話が!生まれそうと!
立会のときに撮る用のビデオカメラもってダッシュで病院へ。
到着したときには子宮口が6cmぐらい開いてた。
だんだん陣痛の間隔も早くなってきて、すぐに子宮口は10cmに。
じゃーいきましょかー!って感じで、先生が始めようとするが、赤ちゃんの心音が弱くなってきてる。

急ごう!って感じで、先生とか焦りだす。その10倍ぐらい俺焦ってる。
嫁もリキむがなかなか赤ちゃんが出てこない。小児科の先生呼んできて!と。
そこで小児科の先生の登場。分娩台の横の小さなベッドでスタンバる。
嫁さらにリキむ!ようやく赤ちゃん出てくる。が、全身紫みたいなグレーみたいな。グテーってなってる。
先生が看護師に「はよ(へその緒)切れ!」と叫ぶ。看護師焦ってなかなか切れない。「早く!!」さらに先生叫ぶ。
ようやく切れて小児科の先生の元へ。

そのとき赤ちゃんは仮死状態。人工呼吸器で人工呼吸。蘇生を試みる。

赤ちゃん全く動かない。

これが6:30。
俺はさっきの100倍ぐらいパニクってる。嫁もめちゃくちゃ痛がってるし、血も飛び散ってるし。嫁の血圧もちょっと下がってきてる。「もう無理」。俺退場。外の椅子で2,3分休む。たぶん2,3分。
そして現場に戻る。何も変わらず。だれも赤ちゃんが大丈夫かどうかの情報をくれない。
そこからすぐにNICUに赤ちゃんが運ばれる。

 

とりあえず嫁の方の分娩のあとの処置が行われ終了。若干血圧が低い。

 

そこからさらに血圧が下がる。

 

 

まだ下がる。

一時上が50ぐらいまで下がる。

 

 

先生は「パルスが綺麗な波形やから大丈夫やろー。機械がおかしい。」って。
ほんまかよ!

看護婦もその機械の再計測ボタンを押すだけ。何回おしても一緒にきまってるやろ!
はよなんとかせえや!

 

で、ようやく上が90ぐらいまで上がってきたが、嫁のお腹の痛みが尋常じゃない様子。
嫁が小声で「大丈夫かなぁ・・・」と。先生は子宮収縮の痛みだと。エコーとっても「問題なし」と。

 

で、少したったあと
俺が外に行ってる間に、CTスキャンを撮ることになってた。痛みの原因がわからないので、念のため。
で、でた結果が「子宮破裂」。さっきのエコーはなんやったん?

子宮の一部が裂けて、そこから出血してるみたい。緊急オペに。これが11:30。
合計3時間ぐらいのオペ。
まさかこんなにことになるとは夢にも思ってなかったから、わけがわからんかった。

で、なんとか手術も無事終わり、嫁も意識が戻った。これが16:00ぐらい。
ほんまに命がけの出産。

 

赤ちゃんの方は、NICUに言ってから、すぐに意識が回復し、人工呼吸器をつけてるので声はでないが泣きまくっていた。めちゃかわいい!昨日、脳の検査してもらったが、今のところ問題ないみたい。
出産してから実に10時間。出産からオペまでになぜ5時間もかかったのかが疑問。
正直、看護師の対応に疑問が残ります。
今回二人とも助かったのは、

1)分娩、NICU、ICU、輸血のできる総合病院であったこと。
2)小児科との連携がはやかったこと。
3)嫁がショック状態に陥らなかったこと。
などの理由だと思う。

 

子宮破裂の際の母体死亡率は1%、周産期児死亡率:6%、児死亡+神経学的後障害:23~42% らしい。

 

嫁は一人目を帝王切開、今回普通分娩というちょっとリスクが高いお産。それでもおそらく問題ないと病院側との話し合いで行われた今回でしたが、正直、帝王切開にすればよかったと思ってます。(ちなみにこのパターンでお産できるのは、普通の個人病院では無理で、上記1)のような総合病院だけしかできません。)
なので、私見ですが、帝王切開をした人は、二人目は帝王切開にしたほうがいいと思います。
事故が起きる可能性がないとも限らないし。

 

年始早々、最低最悪の出来事でしたが、二人とも無事でなにより。3人目の誕生を祝ってあげたいと思います。

以上が、僕が出産4日後に残した記録です。

 

生まれて8時間半後の息子。口の管はとってもらいました。鼻にはチューブがはいっています。

 

僕は子供ができるまでは、出産っていうのは全く危険とは思っていなかったし、立ち会うことにそれほどの重要性を感じていませんでした。

今回みたいなVBACという特殊な場合ですら、僕は大して調べもせずに、病院を信用しきっていました・・・それが大間違いです。

 

 

当然、中にはめちゃくちゃあっさり生まれる場合もありますが、今回みたいなパターンが無いとも限りません。

 

なので、男性であれば仕事を休んで立ち会うべきです。普通に産むことができた場合でも感動は当然するでしょうが、それよりも、嫁の近くにいてやることで嫁の不安を少しでもなくす事が重要です。

 

 

これから1人目、2人目、子供を生む予定がある方々、特にVBACを考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

 

, ,

43 thoughts on “帝王切開後の経腟分娩(VBAC)はヤメるべきだと僕が思う理由

  • [...] 1位。 帝王切開後の経腟分娩(VBAC)はヤメるべきだと僕が思う理由 [...]

  • 男の子のママ より:

    初めまして!
    あたしは1歳になる男の子の母親です。
    今、妊娠7ヶ月で2人目の子がお腹にいます。
    1人目は、児頭骨盤不均衡?で帝王切開での出産でした。
    でも、2人目は自然分娩で出産してみたいな……なんて思っていたのですが…
    無事に産まれてきてくれるのが一番ですね!
    無難に帝王切開で出産しようと思いました。

    息子さんも奥さんも無事でホントによかったです!
    このブログを読んでよかったです!

    • tinpay より:

      はじめまして!

      ほんとうに少しでも危険性があるならVBACはやめた方がいいと思います。ウチも帝王切開にするべきでした。。一生後悔するような事にはならなくてよかったです。。

      出産楽しみですね♪
      あと3ヶ月がんばってくださいね( ´ ▽ ` )ノ
      元気な赤ちゃんが生まれますように!!

  • 2児ママ@新潟 より:

    はじめまして(*´∀`)

    VBAC経験者です。
    私は一人目が前置胎盤だったので、予定帝王切開でした。
    その時に父親はじめ友人に言われたこと。「帝王切開でよかったじゃん。しんどい思いしなくてすんだんだもの。」
    が、二人目をVBACで生もうと思ったきっかけでした。

    私が選んだのは一人目のときに搬送になり、手術も引き受けてくれた、地域ではかなり大きい病院。
    年間の分娩数も制限されていて(搬送に対応するためです)、VBAC になる場合はダブルセットアップといって、緊急帝王切開の準備と人員を必ず確保できる病院でした。
    なので、分娩時には分娩室に助産師看護師6名(笑)

    でも、それでもお産の進みはよくなくて、緊急帝王切開になるかもしれないから…
    と陣痛中に言われてました。
    私は本当に運が良かったです。

    VBACは正直、私の強い希望で、たぶん自分が帝王切開で産んだことに後悔が残ってなければ、二人目も帝王切開で産んでました。
    帝王切開に対する世間の見方も変わってくれば、こんなリスクを背負った出産を選ぶことなく、堂々と胸を張って、
    「帝王切開で産みました!!!!」
    って言えるようになると思うんですよね。

    何だか長々と書いてしまいましたが。
    私はもし三人目産むとすれば、帝王切開を選びます。
    子どもたちと旦那を残して死ねないですからね!!

    • tinpay より:

      はじめまして!!
      無事にご出産おめでとうございますヽ(*´∀`)ノ
      僕もこのブログを書いて初めて、世間が帝王切開についてそんな風な認識であることを知りました。。何なんでしょうね。帝王切開=楽、みたいなの。何もわかってないですね。

      経膣分娩はもちろん痛いし、陣痛もある。いつ起きるかもわからないという大変さはあると思います。
      といって、帝王切開は自分のお腹にメスをいれるんですよね・・・産んだ後も痛いし、跡ものこるし・・・
      そのあたりをきちんと理解して、ママに「がんばったね!」といってあげて欲しいです。赤ちゃん生まれたことを心から祝って欲しいです。

      何だか長々と書いてしまいましたが。
      私はもし三人目産むとすれば、帝王切開を選びます。
      子どもたちと旦那を残して死ねないですからね!!

      子供はやっぱりママがいないとダメです!(旦那もかもですが笑)
      3人目、帝王切開でがんばってくださいね( ^ν^)

  • みき より:

    2人目がお腹に来てくれて間もないのですが、1人目の時に緊急帝王切開でした。赤ちゃんが大き過ぎたという程ではなかったですが、出れなくて緊急帝王切開となりました。それから5年半が経ちましたが、やはりVBACのリスクは高いのでしょうか?
    tinpayさんの奥様、期間があまり空いてなかったから。は、要因の大部分をしめるのでしょうか?

    • tinpay より:

      みきさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
      確かに、ウチの場合は丸2年ぐらいでの出産なので、短めかもしれません。ですが、今は帝王切開から次の帝王切開まで1年でいけるみたいですね。
      なので、期間的には問題ないと思いますが、1回目のお産が双子だったので、そのぶん子宮壁の厚さが薄くなってました。
      私的には、VBACには子宮破裂や胎児異常になるリスクがあるのでよっぽどの理由が無い限りはオススメできません。
      一人目のお子様のこともあるのでも、お腹を切ることもなく早めに退院したいということも理由の一つかもしれません。ですが、私は妻が子宮破裂をして子供が仮死状態で生まれたという壮絶な体験をしたので、生きてちゃんと元気に生まれてくれることを1番に考えて、0.01%のリスクでも回避したいという思いです。

      あくまでの私見なので、あくまでご参考まで。
      医者の意見をよく聞いて、ご自分でもお調べになって、元気な赤ちゃんを母子健康で産んでくださいね!

  • ももひな より:

    こんばんは。
    小学校2年の女の子と4歳の
    男の子のママです。
    私は長女をお産する時
    難産で2日半苦しみ
    子宮口8cmの所で
    血圧が急に上がり意識が
    無くなり緊急帝王切開に
    なり、その後看護師に
    「(自然分娩)産めなかった
    人がお産を語らないで」
    と言われ傷つき鬱になりました。
    悔しくて絶対に次はvbacで
    産む!と毎日プールで
    スクワットなどをして産道を
    鍛えたりしました。
    待望の妊娠、毎日歩きました。
    しかし、二度目の帝王切開。
    vbacに周りは大反対しました。
    特に母。死産した兄の話を
    聞かされましたが母は安産
    だったので私の気持ちは
    分からない!と喧嘩もしました。
    担当の医師にも反対され
    結局出来なかったんです。
    今だに悩みます。普通に
    産めなかったと。
    vbacのために努力した事は
    全部無駄だったのかと
    自分を責めてしまいます。
    ダメな母親なんですかね?私。
    すみません。本気で悩んでます。

    • tinpay より:

      ももひなさん、こんにちは!

      2日半も大変でしたね。。。お疲れ様でした!
      意識がなくなるとか、僕がそこに居てたら本当に怖かったと思います。。

      僕は今でもその時の事を思い出したらぞっとしますし、本当にトラウマです。怖いです。妻も子供も死にそうだったので。
      そんな中、二人とも本当に生きててくれてよかったと思います。

      経膣分娩した人は痛い思いをして産んでるといいいますが、ももひなさんは難産で苦しんで、緊急で帝王切開したパターンですよね。
      自然分娩の痛みも味わって、さらに帝王切開のお腹を切る痛みも味わって。普通の人の数倍も大変な思いをしていると思います。
      私の妻は元産婦人科の看護師で何千人とお産に立ち会ってきましたが、その妻がそういう風に言っています。

      >「(自然分娩)産めなかった人がお産を語らないで」
      そんなわけはありません。

      vbacのためにしたことが無駄と言われていますが、無駄ではないでしょう。その証拠に、元気に二人目が育っています。

      医師や周りの反対を押し切ってvbacをしなかったももひなさんは英断されたと思います。ダメな母親かどうかは産んだ時に決まるんじゃなくて、その後の育て方に依るんじゃないでしょうか。

      ですので自信をもってくださいね。子供たちにとって素敵なママでいてくださいね(^-^)

  • けい より:

    はじめまして。1人目を予定帝王切開で出産し、来月2人目出産予定です。妊娠判明時は検討もしていなかったvbacですが、出産が近づくにつれ帝王切開の恐怖が蘇り…恐らく奥様も
    最初のご出産時はそうだったのではないかと思いますが、予定だからこその安心感と、同じくらいの緊張感があるんですよね。なので、出産まで一ヶ月半となった今、vbacを
    すべきではなかっただろうかという思いがよぎってしまいました。前回は逆子だけど今回は
    違うし、産めたのではないだろうか、母体の回復もそのほうが早いのだはないだろうかと…それに、3人目を検討していることもあり、切らなくてもいいなら切らないほうが…と。産院選びを間違えたと
    後悔もしました。でも、こちらのエントリを拝見し、考え直しました。最初からvbacを検討して挑戦していても、何が起こるかわからなかったかもしれないですよね。うまくいった方の
    話ばかり、目についてしまうので…
    こういうお話を載せて頂き、感謝します。正直、産むまでも産む時も怖いでしょうし、
    vbacへの未練も蘇るかもしれません。でも、これでよかったと思えるようなお産をしてきたいと思います。

    • tinpay より:

      けいさん、はじめまして!
      ご返信遅くなりましたm(__)m
      もう、二人目のお子様を出産されたことでしょうか??(^-^)

      >前回は逆子だけど今回は違うし、産めたのではないだろうか、
      確かに、無事に出産されるかもしれませんが、回復の遅さを考えたとしてもやはり私はVBACのトラウマがあるのでオススメできません。。

      3人目ということですが、3回とも帝王切開で出産される方もいらっしゃいますし、そこはやはり一番良い方法をお医者様とご検討いただけたらと思います。

      >vbacへの未練も蘇るかもしれません。でも、これでよかったと思えるようなお産をしてきたいと思います。
      私はVBACをしたことの後悔がずっと残っています。母子共に助かったから良いものの、今でも笑い話にはできないぐらい緊迫していました。。

      ですので、元気なお子様を目一杯愛して育ててあげてくださいね^^

  • 新米ママ より:

    こんばんは。
    私も今年息子を帝王切開で出産し、次は自然分娩を考えて病院を探していましたが、これを読ませて頂き、考えが変わりました!!

    微弱陣痛から始まり40時間の長いお産で、促進剤、子宮口弛緩剤、人口破水もしましたが中々子宮口が開かず、赤ちゃんが腰でとまっているねと言われ、もう痛みに耐えられず、体力気力も使い果て、
    旦那に、『もうお腹切っても良いかな?』と涙ながらに相談し、旦那も『うん、切ってもらおうか。』
    医師に二人で『切ってください』とお願いしました。

    その時は直感でこれが一番良い判断だったと思いました。
    何より息子のおぎゃーという元気な声を聞いたら嬉しさと
    安心で何もかも吹っ飛んだからです。
    経腟分娩でもリスクは0ではありません。
    あれ以上頑張って、吸引、会陰が裂けたりなど考えるとそれもまた怖いです。

    何よりも1番恐ろしいのは周りの凝り固まった反応ですよね!!

    家族3人で協力し、力を出し合って自信を持って、幸せなお産だったと思っていたのに

    先輩ママさんからは
    陣痛経験したのに結局帝王切開だったなんて悲惨だったね。

    お姑さんからは
    今の人は体も気力も足りないからすぐ諦めちゃうのよね。

    同い年で難産で経腟分娩した子からは
    お腹切るなんて無理、
    考えられない。

    なんでこんなに否定的なの?
    その時その時に、必死に1番安全な方法を決断して、必死に産んだの!

    その悔しさに次こそは自然分娩!っと思ってしまいました。
    私はヨガインストラクターをしています。
    世の中の考え方を変えていけるマタニティヨガ、ママヨガを広めていきます。

    次も1番安全な方法を選びます。
    この記事を書いて下さって本当にありがとうございました。

    • tinpay より:

      なんでこんなに否定的なの?
      その時その時に、必死に1番安全な方法を決断して、必死に産んだの!

      本当にそうだと思います。否定的な意見が多いですよね。
      お腹を切ることは大変だし、それで母子ともに健康だったら最高ですよね!

      変なプライドが悪い結末へ導いてしまう場合もあるので、一番安全な方法で、幸せな家庭を築いてくださいね!

  • もっち より:

     初めまして(^^) ネットで(VBACのことを)検索していたら辿り着きました。投稿されて時間が経っているのですが 今の私の気持ちにリンクするところがあり、すがる思いでコメント書かせていただきます( ;∀;)
     私は現在 第一子妊娠中です。臨月に入りました。が逆子がなおらないため(もう9割9分戻らないだろうといわれてしまい)予定帝王切開の予約が入り、まさに昨日手術の説明を聞いてきました。
     私はずっと当たり前のように自然分娩できるものだと思っており、今のこの状況を頭では「仕方ない」「これが安全なんだ」と解りつつもどこか受け入れられず、自然分娩での羨望を捨てきれず、友人間で出産ブームなこともあり、周りの友人へのコンプレックスと感じてしまうほどストレスになりつつあります。
     折角女に生まれたのだからお腹を痛めて(陣痛)生みたい、と思ってきていました。誕生日を予め決めてしまうのも変な話だなと。帝王切開は自分で出産したと胸を張って言えるのだろうかと。あとはやはり手術なのでお腹を切ることの恐怖。なんで自分が…(逆子で帝王切開になる確率は20分の1らしいです)という卑屈感から抜け出せない
    などとにかくモヤモヤいっぱいの現在です(;^ω^)

     ですが、ちんぺいさんのこの記事でいくらか気持ちを軽くしていただきました!出会えてよかったです!昨年初期流産も経験していますので今回は大事に大事に慎重に育んできたつもりです。そんな10か月一緒にいたやっと来てくれたベビちゃんが苦しむことも危険な状態になることもやはり避けなければいけませんね!それは私のわがままなのだと思えました! 帝王切開でもその後の痛み・苦労は自然分娩の方よりも長く辛いと多くの経験者の人から聞いています。陣痛は経験できないだろうけど帝王切開で頑張ったことを認めて「頑張ったね。」といってもらえたら嬉しいだろうなぁ・・・と思いました。それだけで救われるんだろうな、と。旦那さんがイマイチ人の気持ちに鈍感で気も効かないようなタイプなのでちんぺいさんの様に考えて声をかけてくれるとは思えませんが、爪の垢でも飲まさせてもらって見習ってほしいと思いました。笑(*´▽`*)

     きっと私は旦那さんに 不安と恐怖の気持ちをわかってもらったうえで、出産のあかつきには「お疲れさま。ありがとう。頑張ったね。」等の声をかけてほしいのだと思います(/ω\)

    長くなりました!すみません! 帝王切開ガンバリマス!

    • tinpay より:

      もっちさん、はじめまして!
      私も旦那さまと同様?で、その時は妻の不安な心情に気付いてあげれませんでした・・・
      VBACのときにあのような自体になって、本当に出産って命がけなんだなと身を持って実感しました。今でもあの時の光景は鮮明に覚えていて、思い出すだけで怖くなります。

      この記事のコメントを読ませていただいていると、帝王切開に対するコンプレックスやストレスを感じる人が多いんだなとビックリしました。
      私自身は帝王切開でも経膣分娩でも全く同じ出産で、元気に生まれてくれたらOKだと感じてしまうんですが、そこは男性目線だからなんでしょうね。
      女性の人にはそういう感じで見られるような人もいるのかなと。

      そういう見方をする人がいるのはどうしようもないので、そんな意見はサラッと流しておいで、旦那さまと一緒に生まれてくる赤ちゃんともっちさんにとって最良の方法をみつけて、子供たくさんの楽しい家庭を築いてくださいね〜!

    • hinatotoco より:

      はじめまして。
      現在2人目を妊娠中ですが、一人目を逆児で帝王切開しました。
      私もなかなか逆児が直らず、これまでのエコー写真を見ても一度を除いて全て逆児で映っていたことと、私自身が逆児で(当時はそれでも自然分娩だったようです)産まれたため、これはもう直る気のない子なんだな(笑)と逆児体操をあきらめ、予定帝王切開とすることとしました。
      たまたま決めていた名前の由来と同じ花が、手術予定日の誕生花と同じだったこともあり、予定帝王切開に何も抵抗はなかったのですが、もっちさんと同じく、自然分娩の羨望は今でも消えず残っております。
      その為、VBACを調べていてこの記事にたどり着きました。

      私は予定帝王切開(予定日より2週早い)だったにも拘らず、わが娘はそれよりも2日前に夜中に破水して産まれてきてしまいました(笑)
      病院へ行った時点で逆児でなければ自然分娩でしたが、やっぱり逆児だった為、割増料金にならない診察時間まで待っての手術でした。
      腰麻酔が効かず、私は全身麻酔だった為、娘とは泣き声と重さが聞こえてきた位で、対面は2日後となってしまいましたが・・・。
      帝王切開の場合2週程早めると思いますが、こんな事もあるので、陣痛も経験することがあるかもしれません。
      逆児も直るかもしれません。その時までわからないので、どちらであっても、頑張って元気な子を産んでくださいね
      私も逆児でしたので、思わずコメントしてしまいました。
      長文失礼致しました。

      • tinpay より:

        hinatotocoさん、はじめまして。

        逆児だと帝王切開になるんですね(そのあたりの知識は乏しくてすみません…)

        VBACのすべてが悪いと言わないですが、やはりリスクがあることなので、きちんと調べた上で望んでくださいね。
        お腹を痛めて生みたいと思うことが、生まれて来る子供を危険に晒す場合もあります。

        無事出産されていることを願いますm(_ _)m

  • みーママ より:

    初めまして。6月に第一子長男を予定帝王切開で出産しました!逆子が戻らなかったことが理由です。
    私は妊娠中から特に自然分娩や帝王切開へのこだわりがなく、無事に産めればそんでいいや〜と考えてました。なので、主治医から「逆子戻らないね。帝王切開も考えてみましょうか。お母さんのお腹を外から刺激して、逆子を直すのを試みる方法もあるけど…リスクが全くない訳じゃないから。どうしようか?」と言われた時も、「帝王切開でいいです!無理に戻そうとしてこの子に何かあったら嫌なので。」と即決しました。
    ただ…それを自分の親や義実家に報告したところ、「かわいそうに」「まぁ楽でよかったがいね」などの言葉が返ってきました。親も悪気があって言っている訳じゃないのは分かってるんですが、その言葉を聞いて、初めて帝王切開になったことで泣きました。私が逆子体操をもっと頑張っていればよかったのか、私の生活習慣が悪かったのか、いろいろ考えてしまいました。
    産んだ今も、陣痛経験しなくてよかったしいいやん。など、いろいろと言われます。どうして帝王切開が楽なお産に思われるのか、本当に不思議です。確かに陣痛は経験してないし、自然分娩の痛みや辛さ、陣痛が来るまでの恐怖などは分かりません。でも、初めて麻酔を使って手術する恐怖や術後の痛みは経験しました。陣痛を味わわなければ、母親にはなれないのでしょうか…。私も好んで帝王切開になった訳ではないのに、どうしてここまで言われなければいけないのか、本当に悩みました。マタニティブルーと重なり、産後うつにまでなるくらいに。
    ただ…そんな時主人が支えになってくれました。「身体に傷をつけて、痛みも覚悟して、産んでくれてありがとう。」「子どものために帝王切開を選んでくれてありがとう。」と。その一言で、とても気持ちが楽になりました。
    私はこれからもし妊娠したとしても、迷わず帝王切開を選びます。VBACはしません。長男を帝王切開で出産したことに、何の後悔もないからです。自然分娩してみたかった気持ちはもちろんありますが、これが私の母親への道だったと納得しています。
    支離滅裂な文になってしまい、申し訳ありません。VBACでの体験談を聞き、なおその気持ちが強まりました。奥様の勇気ある決断、尊敬いたします。そして奥様もお子さんも無事にいられたこと、嬉しく思います。

    • tinpay より:

      みーママさん、はじめまして!

      …それを自分の親や義実家に報告したところ、「かわいそうに」「まぁ楽でよかったがいね」などの言葉が返ってきました。

      悪気がなくてもやっぱり言われると辛いですよね…
      日本人は、お腹を切ることに対して、ちょっと簡単に考えてしまってるところがあるかもですね。そういう風潮・文化が変わればいいですね。

      長男を帝王切開で出産したことに、何の後悔もないからです。

      長男さんが大きく育ってくれてることが全てですよね!ほんと、「生まれてきてくれてありがとう」です!

      楽しい家庭を築いてくださいね(^ν^)

  • めぐめぐ より:

    反復帝王切開は行わないことを基本とする医療施設で働いている者です。病院としてはめずらしい部類に入ります。現在、選択肢なく、反復帝王切開となる病院の方が圧倒的に多いです。
    当然、当施設ではVバックで出産される方は非常に多いのですが、やはり年間に数件、子宮破裂もあります。
    が、今のところ、母児の生命予後に重大な障がいを残したことはありません。

    Vバックにはリスクがあります。しかし、本来Vバックで産めた人が反復帝王切開を受けることによるリスクや産後の回復の遅れと比較し、単純にどちらの方が産婦さんにとって安全で良いか、また、社会にとって良いのか、ということは様々な要素がからんでくるため、一概には決められません。

    ただ、Vバックを行うのであれば、相応の体制は必ず必要になってくるかと思います。
    当院はVバックは日常茶飯事であるため、緊急帝王切開にすぐに切り替えられる施設やNICU・MFICU等があり、また、そのような緊急時にすぐに対処できるよう、医療者も訓練されています。実は事前の詳細な観察とアセスメントにより、ある程度までは子宮破裂は予測可能です。
    そのような予測を可能にするのが、産婦の傍に常にいる看護職のアセスメント能力であり、これが特に重要なのです。
    そのようなアセスメント力を身に着けるには、看護師や助産師が医師の指示待ちで動くことしかさせてもらえない状況にある病院では、かなり難しいことなのではないかと思います。

    でも、一般の方には看護師や助産師のアセスメント力が高い病院かどうか、というような専門的な情報は知らされていませんし、また、それが必要だという認識自体が無いのではないかと思います。
    Vバックに限らず、これらの情報が広く得られるような仕組みが作られる必要があるのではないか、とつくづく感じます。

    • tinpay より:

      めぐめぐさん、コメントありがとうございます。

      Vバックにはリスクがあります。しかし、本来Vバックで産めた人が反復帝王切開を受けることによるリスクや産後の回復の遅れと比較し、単純にどちらの方が産婦さんにとって安全で良いか、また、社会にとって良いのか、ということは様々な要素がからんでくるため、一概には決められません。

      確かに、帝王切開は回復が遅いですし、他にもVBACと比較する要素があるかもしれません。

      私たちが出産したときの病院でも当然NICUなどがあり、体制は万全でした。(そのような病院でしか受け付けていないですよね)
      子宮破裂した際にも体制としては万全でしたが、医師の判断の遅れから血圧がすごく下がってしまい、本当に命に危険がありました。

      めぐめぐさんの働いている病院ではそのようなことが比較的多く発生しているので、対応方法や処置、診断なども迅速に行われるのかもしれません。
      実績があり信頼できるところならよいかもですが、おっしゃるとおり、きちんとそれらの情報を得られるようにできればよいですね。

      あくまで私の体験からの意見としては「VBACはやめておいたほうがよい」なのですが、きちんとした情報を得て、安全な出産/出産後の回復ができることを願うばかりです。

  • ゆか より:

    私も4年前に双子の男の子を出産し今は妊娠7ヶ月です!
    双子出産時は切迫早産になり、3ヶ月の安静入院をし帝王切開で出産しました。その時の帝王切開が術中も術後も本当にしんどくて…
    今回は自然分娩で!と考えて調べていたらここに辿りつきました。
    総合病院なのでVBACもできるそうですが、先生にも希望がないなら帝王切開!と言われました。
    ということは、そちらの方が安全なのかなーと思いました。
    もちろん帝王切開もリスクはありますが、子供をおいて先にはいけません。笑

    大変な出産の貴重な体験を発信してくださり参考になりました。ありがとうございます!

    • tinpay より:

      ゆかさん、こんにちは。

      総合病院なのでVBACもできるそうですが、先生にも希望がないなら帝王切開!と言われました。
      ということは、そちらの方が安全なのかなーと思いました。

      ですね。やはり先生としても、子宮破裂の可能性があることは勧められないのかもですね。

      無事出産されていることを願ってます!

  • マロン より:

    こんにちは。私もだいぶ年数が経ってからの投稿ですが、一言感想を言わせて下さい。
    私の長女は今年30歳になりました。すでに結婚し2人の子供の母になっています。

    私は当時、30週目で突然破水してしまい、子供への一番負担がかからない方法という事で、帝王切開で分娩致しました。

    1910gの未熟児として誕生した長女は、一ヶ月保育器に入りましたが、その後は問題もなく成長してくれて現在に至ります。

    そして、5年後には次女を出産するのですが、その時も医師からの帝王切開が一番リスクが少ない。いう言葉にあっさり承諾し、また手術で産みました。

    私は、今まで一度も帝王切開で分娩した事を後悔したり、引け目に思った事はありません。友達間での会話も、私のお産はこれこれ…と、それぞれが語るだけで 当時は帝王切開だからといって、そんな特別な感じはなかったと思います。

    時代が変わったのでしょうか…。

    出来るだけ自然分娩で産みたいというのはもっともな事だと思うのですが、やむおえず帝王切開で出産となったとしても、自責の念などにかられず ましてやコンプレックスなど持たなくていい世の中の風潮になれば良いと願います。

    長々と失礼致しました。m(__)m

    • tinpay より:

      マロンさん、こんにちは。

      ほんと、私も完全に同意です。

      帝王切開が楽だとか、どうしてそういう言葉がでてくるのか信じられません。
      10ヶ月お腹の中で頑張って育てた人に掛ける言葉なのでしょうか。

      経膣分娩、帝王切開、ともに頑張って出産していることはかわりないので、今の若い人たちには偏見を持ってほしくないですね。

  • ゆき より:

    こんにちは。
    VBACで検索したらここがヒットし、書き込みさせていただきます。
    私は夏に帝王切開で出産しました。
    上のもっちさんと似ています。逆子がどうしても治らず、ずっとお腹の中で逆子でした。
    赤ちゃんはこの位置がいいんだなと思ってても自然に産んであげられない、手術で出されちゃう、と思って経腟分娩出来た方への嫉妬も正直ありました。エコーで逆子のたびに泣きたかったです。
    母親教室でもやっぱり帝王切開じゃなく経腟分娩の指導ですし居心地も悪かったです。
    経腟分娩が【普通】になっていますしね…
    周りからの『早く逆子治るといいね。切らなきゃいけないし』などのプレッシャーもあり手術の日も決まっていたのに最後まで逆子体操もしました。
    それが原因かはわかりませんが、おしるしが来てしまって切迫早産で個人医院から総合病院に緊急搬送されてしまいました。無事に帝王切開で元気な赤ちゃんが産まれました。早産で小さめだったので入院しましたが。
    そこでやっと、なんで逆子や帝王切開を気にしていたのか。赤ちゃんが無事ならそれでいいじゃないか。帝王切開が安全な出産方法だったのに。
    帝王切開は後もつらいですね。
    赤ちゃんを抱っこできない。授乳も出来ない。
    でも痛みをこらえて動くように指示。
    ある方には『陣痛経験なく楽だったね』とも言われました。
    今は帝王切開の後も経腟分娩出来るし、次はちゃんと産めるといいね、とも。
    ちゃんとしたお産って意味がわからないです。
    二人目出産する時が来たら周りは気にせず総合病院で帝王切開にしたいと思います。

    • tinpay より:

      ゆきさん、こんにちは。

      経腟分娩が【普通】になっていますしね…

      ですね。普通ってなんでしょうね・・・

      帝王切開後は後々つらいから、VBACで生むって言う理由はまだ納得はできるのですが(それでもVBACはオススメしないですが…)、他の人の目をきにしてや自分のエゴのためにVBACは絶対にしてほしくないです。

      二人目出産する時が来たら周りは気にせず総合病院で帝王切開にしたいと思います。

      元気な二人目の赤ちゃんを、頑張って帝王切開で出産してください!

  • ぷりん より:

    3人経膣分娩したママです。
    帝王切開も経膣分娩もどちらも大変な命がけの出産だと思います!
    ママと赤ちゃんにとって安全なお産を考えて選び取ればそれが素晴らしい事だと思います。
    子育てファイトです!

    • tinpay より:

      ぷりんさん、こんにちは!

      3人!うちと同じです!お疲れ様でした!

      帝王切開も経膣分娩もどちらも大変な命がけの出産だと思います!

      ほんと、そうだと思います。経膣分娩は陣痛大変でしょうし、帝王切開は後々傷も残りますし、産んだ後も大変です。。。
      女性の人はほんとすごいと思います。

      ぷりんさんも3人子育てがんばってください!

  • マリソル より:

    こんにちは
    いま、妊娠4ヶ月で、次回の出産をブイバックにしようか迷っています。
    1回目の妊娠が双子で、切迫流産ゃ妊娠中毒とかさなり緊急帝王切開しています。
    今回3人目ですが…ネットで色々調べていますが、やはりリスクが思っていた以上にあるものなんですね。
    tinpayさんの記事を読んで涙が出てきました。迷います。私がブイバックしたい理由は、
    帝王切開後の子供と私の面倒を見てくれる人がいない為…。
    帝王切開してしまうと、傷口の痛みが尋常じゃないのに双子のお世話、さらには新生児もプラスされるとなると想像もできません…。
    希望はブイバック…でも子宮破裂の危険…悩みます。
    tinpayさんの記事を読み、少し軽く考えていた自分がいました。
    もう少し悩みながら家族とも話し合い、真剣に考えなきゃな、、、と思いました。
    ありがとうございます^_^

    • tinpay より:

      マリソルさん、こんにちは!

      まさにうちと同じ状況ですね。双子出産してからの3人目。

      切迫流産ゃ妊娠中毒とかさなり緊急帝王切開しています。

      おおお、、、、これは大変でしたね・・・双子だと妊娠中毒の可能性も高くなりますもんね。

      帝王切開後の子供と私の面倒を見てくれる人がいない為…。
      帝王切開してしまうと、傷口の痛みが尋常じゃないのに双子のお世話、さらには新生児もプラスされるとなると想像もできません…。

      確かに帝王切開後は入院も必要ですし、他の人の助けが必要ですね。特に上の子がいる場合には。

      そういう事情も先生と相談しながら、ベストな選択肢をみつけてほしいです。
      一時的に双子さんを預けるところなどあればいいですが、難しいですかね。。。

      何にしても、3人目を無事出産して、赤ちゃんと双子たちとマリソルさんが幸せにすごせるような選択肢を見つけ出してくださいね!
      応援しています!

  • たろー より:

    初めまして。
    私もVBACについて検索していたらここにたどり着きました。
    私自身が帝王切開にとても後悔して、ずっともやもやしているので気持ちを整理する思いでコメントしています><

    去年出産したのですが、予定日1日超過で陣痛誘発剤を使って経膣分娩を目指していましたが子宮口全開でもずっと赤ちゃんが降りてこず、体力気力の限界で緊急帝王切開になりました。赤ちゃんは3300g超えで大き目でしたが児頭骨盤不均衡というわけでもなく、ただ赤ちゃんが出てこない・自身の体力気力がなくなったという理由で帝王切開になってしまいとても後悔しています。

    手術の癒着?で将来手術ができなかったらどうしようとか、もし次の帝王切開で子宮が薄くなって3人目は無理といわれたらどうしようとの不安もあります。

    VBACができればこんな悩みや不安も解消できるのではと思い、VBACを前向きに検討してみようかと思っていましたが主様の体験談を見て帝王切開も悪くないのかもと少しプラスに考えられるようになりました。

    帝王切開に関してまだまだ悩みや不安もありますが、次妊娠した時にはVBACについてもう少しリスクを勉強しようと思います。(家族や夫、私自身とても心配性なのでほぼ帝王切開での出産を選ぶと思います。)

    主様の体験談をはじめ、コメントされている方々の体験談を読ませていただきとても気持ちが楽になりました!
    ありがとうございました^^!

    • tinpay より:

      たろーさん、こんにちは。

      出産おめでとうございます!

      ただ赤ちゃんが出てこない・自身の体力気力がなくなったという理由で帝王切開になってしまいとても後悔しています。

      たろーさんと赤ちゃんとが一緒に頑張った結果、帝王切開になったけど元気に生まれてきたということが全てだと思うので、全く後悔なんていらないとおもいます。

      私の妻は、医者から3度目の出産は無理と言われています。(子宮破裂しているので、当然といえば当然ですが・・・)
      3人目を考えられておられるのであれば、そのあたりも含めて、心配ごとやリスクなど先生に相談してみてはいかがでしょうか。

      次妊娠された時には、ご家族の方々がVBAC、帝王切開それぞれのリスクをきちんと理解した上で、赤ちゃんも含めたみんなが幸せになれる選択を見つけていただければ幸いです!

  • サンタ より:

    VBACについて調べてて辿りつきました。
    みなさんの悩みに、優しく説得力のあるお言葉でアドバイスされているチンペイさんに本当に感動しました。

    第1子を逆子だったため、帝王切開でお産しました。
    今回あるクリニックでVBACを考えていたのですが、掲示板でVBACでの子宮破裂の記事を知り、急に怖くなってしましました。おそらく、チンペイさんと同じ状況だったんでしょうね。。本当に怖い思いをされたのだと思います。

    ブログを読ませて頂き、今いる我が子と向き合い、何が大切かわかった気がします。家族のために帝王切開でお産することを決めました。本当にありがとうございます。

    私が先生からVBACについて言われたことは、「まあ、ほとんど無事に生まれますよ。大丈夫です。」ということだけでした。その時は安心したのですが。。
    医者に言われるがまま安易な選択はしてはいけませんね。避けられる不幸は少しでも減らしていかなければなりません。

    http://www.play21.jp/board/formz.cgi?id=kosodate&page=&all=yes#16681

    • tinpay より:

      サンタさん、コメントありがとうございます。

      私が先生からVBACについて言われたことは、「まあ、ほとんど無事に生まれますよ。大丈夫です。」ということだけでした。その時は安心したのですが。。

      まさにそれですね。私もま~大丈夫っていう言葉を信用してしまったのがダメでした・・・

      きちんと自分で調べて、わからないところは先生に質問した上でやるべきでしたし、そもそもやるべきではありませんでした。。。

  • はるちよ より:

    こんにちは
    ブログ拝見させていただきました
    わたしは一人目を緊急帝王切開で出産し、現在二人目をそろそつくろーかという者です
    一人目の時は陣痛が弱くて、さらに赤ちゃんが斜めに旋回してたようでなかなか出てこず、わたしが痛みに耐えきれず「さっさと切ってください!」と懇願して切ってもらいました。
    陣痛自体は経験したものの、あんな痛みはもうこりごりなので二回目も帝王切開ということを喜んで受け入れてます。
    もともとはまさか帝王切開になるなんて思っていませんでしたが、なったらなったで、自然分娩だろーと帝王切開だろーと、無事に赤ちゃんが出てきてくれればいいじゃないと思えます。
    わたしも母に「もうすこしがんばればよかったのに」とか言われました。特に日本だと「お腹痛めて産む」ことへの美徳というか、帝王切開は負けというような考え方ありますが、ほんとばかばかしいと思います。海外じゃ無痛なんて当たり前、なぜわざわざ痛い方法をとるのっていうあっけらかんな感じ。産んだときの感動とそのあとの愛情はどちらも変わらないですよ。
    VBACなんて方法あるんだーとたいへん勉強になりました。周りの意見や風潮に流されるのではなく、母親の意思を尊重したうえでリスクも考慮し慎重に決めるべきですね。
    通りすがりのものでした。失礼いたしました~

    • tinpay より:

      はるちよさん、こんにちは!

      自然分娩だろーと帝王切開だろーと、無事に赤ちゃんが出てきてくれればいいじゃないと思えます。

      特に日本だと「お腹痛めて産む」ことへの美徳というか、帝王切開は負けというような考え方ありますが、ほんとばかばかしいと思います。

      ほんとそのとおりだと思います。
      全く馬鹿げていますし、陣痛は経験していないにしても、お腹にメスを入れるという手術したことのない私からみるとすごく怖い経験もされて、しかも回復も遅くて大変。そんな人がなぜ負けという扱いをウケるのか意味がわかりません。

      VBACという方法も、人が望んで出来た方法だとは思うので、間違いだとは言えません。
      ただ、はるちよさんがおっしゃるとおり、きちんとリスクを理解した上で慎重にすすめないといけないですね。

  • ずー より:

    今更ながら。VBACのことを調べていてここにたどり着きました。
    私は一回目のお産を逆子で帝王切開、只今二人目を妊娠中です。
    VBACを検討していましたが今日の検診で子宮壁が薄くなってるため自然分娩は難しいと言われ、帝王切開になる予定です。

    奥様が子宮破裂、お子さんも大変な状況で本当にお辛かったことと思います。
    ただ帝王切開には帝王切開のリスクがあり、単純に数字だけで比べれば帝王切開の方が異常自体がおきる可能性は高いので(いざ起きたときの深刻さや予測や予防ができるのかなどが違うため単純比較はできませんが)、「VBACは危険」と語るのは間違いではないのですが「安全の為に帝王切開を」と語るのには違和感を感じます。

    帝王切開がトラウマになっている人の中には「帝王切開の方が安全」と言われそのリスクを周りに理解してもらえないことが原因の人もいます。
    帝王切開でも最悪死亡することはありますし、次の出産にも大きなリスクを残します。
    帝王切開が安全かのような言い方はできれば気を付けていただきたいです。

    私がVBACを望んだのは、前回出産時の病院側の説明不足、メンタル面への配慮不足によって産後ずっと心の傷を負ったことによります。
    子供が無事産まれたことを心から喜べなかった。
    この事実が3年以上経っても私を苦しめています。
    「無事に産まれるのが何よりだよ」という言葉は私には辛かったです。
    そんなことはよくわかっているのにそう思えないことが辛いのだから。

    納得してお産に臨む。
    帝王切開になるにしろ、今回はこれだけは絶対に譲らないようにしようと思っています。

    あなたがた夫婦が帝王切開にするべきだったと後悔するのはいいのですが、周りにもVBACはするべきじゃない、帝王切開の方がいいよ、とすすめるのはできればやめていただきたいです。

    帝王切開はリスクあるお産です。
    心の傷を抱えたまま生きるのもまた死ぬほど辛いです。
    もちろんVBACにリスクがあるのも当然です。
    そういうことすべてを踏まえ万全の準備をした上で、どの分娩方法を選ぶかは本人と家族の自由です。

    たまに「VBACをしたい」と言う人に対して「母親のエゴだ」とか心ない言葉をかける人がいます。
    それは「帝王切開は安全」だという間違った認識と、VBACが危険だという話ばかりで帝王切開の危険性が語られないことが原因だと思っています。
    VBACの危険性を語る際には、帝王切開の危険性も一緒に語ってもらえればこういう間違った認識も少なくなるのかな、と思います。

    長々と失礼しました。

    • tinpay より:

      ずーさん、こんにちは!

      ご意見ありがとうございます。

      確かに、帝王切開にもリスクがあり、死亡事故が起きるケースもあります。
      私の中でも、経膣分娩でも帝王切開でも、命がけで出産されることには違いないとは思っています。初めて出産されるかたが経膣分娩だとしても、もちろんリスクはあります。
      そこに対して読者の方々に誤解を与えてしまったのであれば、すみませんm(_ _)m

      今回の私の出産時、一番問題だったのは病院からの説明を鵜呑みにして、自分で何も調べずに臨んでしまったことです。
      病院側の「子宮壁も大丈夫そうなんで、ま~大丈夫でしょう」というような説明。それを信じて子宮破裂してしまいました。
      もっと他にもリスクや参考になるような情報を集めていれば、別の方法をとれていたかもしれない。そういう後悔が大きいです。

      あなたがた夫婦が帝王切開にするべきだったと後悔するのはいいのですが、周りにもVBACはするべきじゃない、帝王切開の方がいいよ、とすすめるのはできればやめていただきたいです。

      帝王切開はリスクあるお産です。
      心の傷を抱えたまま生きるのもまた死ぬほど辛いです。
      もちろんVBACにリスクがあるのも当然です。
      そういうことすべてを踏まえ万全の準備をした上で、どの分娩方法を選ぶかは本人と家族の自由です。

      コメントに書いている意見はあくまで私個人の意見です。
      1回目は帝王切開したけど、2回目は経膣分娩で生みたいと望んだ妻ですが、その経膣分娩で生みたい理由や思いと、子供の命/VBAC・帝王切開を選択するリスクと、どれを選択するのかはもちろん本人や家族の自由だと思っています。

      たまに「VBACをしたい」と言う人に対して「母親のエゴだ」とか心ない言葉をかける人がいます。

      それはVBACをする理由によるかなと思います。
      これについては母親が悪いのではなくて、帝王切開が楽にうめるという風潮が悪いと思っています。そういうことを言われると精神的にもつらいのもわかりますし、年齢が高い人達にも理解してほしいと思っています。

      やはりあれ程の体験をした私からVBACをすすめることはできません。
      ただ、ずーさんがおっしゃるように、帝王切開にも少なからずリスクはあります。回復も遅いです。
      帝王切開をするにしても、家族が帝王切開のリスクなどもきちんと理解した上で臨むべきですね。

  • happy より:

    お産の参考になりました。ありがとうございます。

  • kazu より:

    みんな頑張ってるんだから、胸張って、もっと自信を持ったらいいのでは?

    自然分娩で産むと、痛いのはその時だけで、痛みの感覚自体はすぐに忘れます。
    そうでなければ2人目以降、恐ろしくて産めません。

    個人的には、「あんなに痛かったから、あんな思いをしたから、この子がかわいい」、なんて思うことはないです。
    愛情は無条件、赤ちゃんと触れ合ううちにどんどん湧いてくるものではないですか? ホルモン的にも。
    ただ、そこで愛情が湧いてこないという場合は、何らかのサポートが必要な状態なのかもしれません。

    陣痛が長く続いた人が、一生忘れない、とか言うのを聞くこともありますが、
    (陣痛促進剤で本来のタイミングではない時期に産んだ人も回復が遅いとか。)
    帝王切開のほうが怖いし、すぐに回復せず痛みも続くし、勇気がいることで、絶対大変だと思います。

    悪気無く言ってくる人たちはどうしようもないし、言われるのも本当に辛いですが、帝王切開が大変だったとリアルな話を聞いたことがなくて、知らないのでは?
    私も友達から聞いて初めて、想像以上に大変だと知りました。

    ひとつ問題に思うことは、切らなくてもいいのに、やたら帝王切開に話を進めてしまう、帝王切開率の非常に高い病院があること。近くにもそんな噂の病院があります。
    出産後の食事にカレーなど脂っこい食事を提供し「また乳腺炎だわ」という病院も。
    (働いている人から聞きました。)
    また、入院中のフォローがとても大事です。
    退院後は自分で全部やっていかないといけないのだから。

    どんな産み方かよりも、愛情を持って育てることのほうが大切に決まっています。
    それには、産み方などより、旦那さんの思いやり、労いの言葉がけ、話を聞いてくれるかどうかなど、確実に大きな影響を及ぼしていそうな気がします。
    パパは育児にどれくらい手伝うか(時間)より、心に寄り添ってくれることが、ママの心の安定には大切だと思います。

    若い時は余裕がないけど、後からあんなに悩まなくてよかったのに、と思う日がきっと来ます。
    みんな自分を追い詰めないで。

    • tinpay より:

      kazuさん、こんにちは。

      ですね。私も自分のお腹を切ることを想像するだけで怖いです。。。

      ひとつ問題に思うことは、切らなくてもいいのに、やたら帝王切開に話を進めてしまう、帝王切開率の非常に高い病院があること。近くにもそんな噂の病院があります。

      えええ、そんな病院があるんですね・・・・
      なぜそんなことをするんですかね・・・医者の都合なんでしょうね・・・

      なかなか思った通りの病院で出産できない(少なくとも私の周りは混んでる)時代なので、病院を選ぶことができなかったりします。
      そういう時にこそ、できる範囲で家族がサポートして、精神的に支えてあげるのがよいですね。

ぷりん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>